持ち去った大量の少女の遺体を着せ替え人形にした50代男 謝罪命令にも反省の色なし

相次いだ墓荒らし事件の犯人がやっと逮捕され、世間は一安心した。しかし続報にこそ、人々は身震いしたという。

社会

2020/11/03 17:20

遺体・霊安室
(fergregory/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

見ず知らずの人の土葬された亡骸を次々と墓から掘り起こし、持ち去っていた犯人。その亡骸で何をしていたのか事実を知った誰もが、「この世にそんな趣味を持った人がいるとは」と驚愕した。50代になった被告を、母親だけは擁護しているという。



 

■3~12歳までの女児の亡骸

ロシア第5の都市ニジニ・ノヴゴロド市の墓地で、2007年以降ひんぱんに起きていた墓荒らし事件。しかも、宝飾品などではなく「亡骸」そのものが持ち去られるという不気味さだった。

2011年、警察はある男について家族から異様な私生活に関する相談を受け、その自宅を任意で捜査。そこで29体ものミイラが発見された。ミイラは3~12歳までの女児ばかりで、頭部にリボンやスカーフを着け、かわいいドレスを着て花、オルゴールなどが添えられていた。

これにより、警察はアナトリー・モスクビンという男を連続墓荒らし事件の容疑者として逮捕。本人も犯行を認め、死体損壊等罪を含む44件の罪で起訴された。


関連記事:新型コロナ死した女性の遺体を強姦 遺体安置所に侵入男が3年の服役へ

 

■翻訳者・歴史学者として活躍

13もの言語を巧みに使いこなし、歴史学の博士号を取得し、執筆業の傍らソビエト赤軍のため翻訳者としても活躍したモスクビン被告。大変優秀だったこの男は、ミイラと一緒の暮らしを「小さな女の子たちとパーティーをしている」と表現していた。

その後の取り調べで、12歳の時にある少女の葬儀で遺体の顔にキスをした体験について語り、「それ以来、遺体に強い関心を抱くようになった」などと供述。ただし警察の報告によれば、性的関心の対象ではなかったようだ。

次ページ
■被告を擁護する母親

この記事の画像(1枚)