『スッキリ』就活中の女性が1人トイレで出産… 加藤浩次の言葉に反響

「妊娠していることを誰にも相談できなかった」という容疑者の女性。独自取材などを交えた『スッキリ』の報道に多くの反響が

エンタメ

2020/11/04 13:30

極楽とんぼ・加藤浩次

4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、就職活動中にトイレで女児を出産し、その後遺体を公園に埋めたとして、23歳の女性が死体遺棄の容疑で逮捕された事件について報道。

番組が行なった取材などから見えてきた、女性が置かれていた家庭環境などについて、加藤浩次のコメントに視聴者から多くの反響が寄せられている。



 

■同居の祖母は妊娠に気づかず

昨年11月、当時大学4年生だった女性は、就職活動のため上京した際、空港のトイレで女児を出産。「赤ちゃんの口にトイレットペーパーを詰めて 首を絞めた」と供述していることが報じられている。

女性は「妊娠を誰にも相談していなかった」「当時、就職活動で頭がいっぱいでどうすべきか考えられなかった」とも供述しているとされ、同番組が同居する祖母に取材したところ、祖母も妊娠については「わかりませんでした」と話していたという。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、山下智久の不祥事報道に厳しい一言 「よく言った」

 

■家族で暮らしている≠孤立していない

番組では、女性が祖父母と両親、兄弟たちと同居していたことが紹介され、取材を担当した阿部祐二リポーターは「母親が乳児・幼児に対する犯罪を行なった場合、『孤立』という言葉が出てくる」としつつ、女性の場合は物理的には孤立しているようには見えないと話す。

しかし、加藤は「家族で住んでいるから孤立してないとは限りませんよ。1人暮らしだから孤立しているとか、家族大勢で暮らしているから孤立してないっていう、そこは内情みてみないと分かりませんよね」と強調。

阿部リポーターも「(物理的には孤立していないように見えるが)精神的には完全に孤立していたことが、供述からもうかがえるんです」と続けた。

次ページ
■視聴者が共感したポイントは…