2020ユーキャン新語・流行語大賞ノミネート30語が決定 大賞有力候補はやっぱり…

「2020 ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語が発表された! しらべぇでは、大賞有力候補などをガチ予想

話題

2020/11/05 14:00

2020流行語大賞予想

5日、株式会社 自由国民社発行 現代用語の基礎知識(2021年版は11月5日発売)では、「現代用語の基礎知識 選『 2020 ユーキャン新語・流行語大賞』」のノミネート語30語を選出した。


画像をもっと見る

 

■コロナ禍を象徴する言葉がズラり

現代用語の基礎知識 選「2020ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語は以下のとおり(50音順)。

「愛の不時着/第4次韓流ブーム」「新しい生活様式/ニューノーマル」「あつ森」「アベノマスク」「アマビエ」「ウーバーイーツ」「AI超え」「エッセンシャルワーカー」「おうち時間/ステイホーム」「オンライン◯◯」「顔芸/恩返し」「カゴパク」「鬼滅の刃」「クラスター」「香水」


「GoToキャンペーン」「3密(三つの密)」「自粛警察」「Zoom映え」「総合的、俯瞰的」「ソーシャルディスタンス」「ソロキャンプ」「テレワーク/ワーケーション」「時を戻そう(ぺこぱ)」「NiziU(ニジュー)」「濃厚接触者」「BLM(BlackLivesMatter)運動」「PCR検査」「フワちゃん」「まぁねぇ〜(ぼる塾)」


感染症に関連する言葉が目立つ中、自粛期間中に話題となった作品やコンテンツも多くノミネートされている。


関連記事:ゲッターロボの最新アニメ発表 なぜか「実質、鬼滅の刃」説が浮上してしまう

 

■編集長が例年の傾向などを分析

タカハシマコト

コピーライター時代、新語・流行語大賞(自由国民社『現代用語の基礎知識』)の広告で東京コピーライターズクラブの新人賞を受賞している、ニュースサイトしらべぇのタカハシマコト編集長は、2020年のトップ10と年間大賞について、以下のように予想する。

編集長:新語・流行語大賞の上位は、ネガティブな言葉の場合は「受賞者なし(辞退)」もしばしばありますが、授賞式を盛り上げるためにできる限りわかりやすい受賞者がいる言葉が選ばれる傾向があります。


また、選考委員の人選のせいか、ややリベラル寄りの言葉が目立つ一方で、厳しい政権批判の言葉は受賞者が辞退してしまうためか、年間大賞には選ばれづらいです(2014年の「集団的自衛権」、2017年の「忖度」くらいで、「集団的自衛権」は受賞者辞退でした)。

次ページ
■大賞の有力候補はやっぱり…

この記事の画像(3枚)