『バイキング』米大統領選の激戦で… レイザーラモンRGに深刻な影響

大激戦が繰り広げられている、米国の大統領選挙。そうした中、意外なところで影響を受けている人物もいたようで…

2020/11/06 18:00


 

■ジャーナリストらが本気の助言

すると、ジャーナリストの木村太郎氏は「バイデン用意したって漫画にならない、面白いのはトランプ」と主張し、“モノマネをして面白いのはトランプ大統領のほうだ”という意見には、スタジオからも納得する声が上がる。

これに対し、前嶋氏は「アメリカではいま、ジム・キャリーさんが、バイデンさんのサングラスをかけたモノマネをしていて、当選したら、ジム・キャリーさんが色んなところに出て来ると見ています」と、米国ではバイデン氏のモノマネも人気があると紹介するなど、議論は白熱した。


関連記事:『バイキング』フット岩尾の髪に視聴者が衝撃 「どうした?」「カッコイイ」

 

■サングラスVer.もスタンバイ

同番組の放送内容を受けてか、RGは6日午後に自身のツイッターを更新し、「バイデン、サングラスバージョンもスタンバイしてあります!」と、新たなものまね写真を投稿している。

これには多くのファンも反応しているが、このサングラスバージョンについては「ただのおじさん笑」「誰なの…」と手厳しいツッコミが相次いでいる状況だ。

・合わせて読みたい→藤田ニコル、トランプ大統領の連続ツイートに苦言 「あんなにしないほうがいい」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

テレビドナルド・トランプレイザーラモンRGバイキングMORE米国大統領選挙ジョー・バイデン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング