強迫性障害の姑に虐げられた嫁 コロナ禍で不満爆発し殺人事件に発展

パンデミック発生後、外出も控えてきた妊婦。しかし同居する姑との関係がこじれ、ついに殺人事件に発展した。

社会

2020/11/07 13:00

嫁姑
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気の合う嫁姑であっても、同居生活で関係がこじれることもある。このほど殺人事件を起こした女は、最初から姑の言動に苛立ち、爆発するまで追い詰められてしまった。



 

■同居中の姑に嫌悪感

インド・グジャラートで暮らすある女(30)は、結婚と同時に義理の家族との同居生活を開始。だが順風満帆とは程遠く、強迫性障害を患っていた姑とは、良い関係が築けずにいた。

そんな中、今年は新型コロナウイルスの感染が拡大。それにより姑の「菌が怖い」「汚れは完全に落とさなくては」という思いはさらに強くなり、女の行動も見張るように。

女が家から出ようものなら、戻ってきた瞬間に「風呂に入りなさい」と命じ、誰かと話す姿を見ても「すぐに体を洗ってきなさい」と要求するようになったという。


関連記事:不倫現場を目撃された嫁 夫への告げ口を恐れ愛人と共謀で姑を殺害

 

■姑の言動がエスカレート

姑は女の行動をさらに制限しようとし始め、ついには「絶対に家の外に出てはだめ」と言うように。また姑は家の中に“嫁の立ち入り禁止スペース”も設け、女を避けるように暮らし始めたという。

そして今年、女が念願叶って妊娠すると、敵対関係になっていた姑はお腹の赤ちゃんを孫とは認めず、それどころか「あんた、私の夫の子を妊娠したんじゃないの?」と疑うようになった。

次ページ
■嫁姑が殺し合い

この記事の画像(1枚)