連続強姦殺人事件の真犯人が警察に「捜査がお粗末」 20年服役の冤罪被害者に謝罪も

凶悪事件の犯人は、何としても時効の前に検挙してほしいもの。しかし誤認逮捕や自白の強要、冤罪での投獄などはあってはならない。

社会

2020/11/08 06:00

法廷
(whim_dachst/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

韓国で30年ほど前に起きた連続強姦殺人事件について、2006年4月までにすべての件で時効が成立していたにもかかわらず、今月2日に再審がスタートした。国民の大きな注目が集まるなか、真犯人とされる被告から思わぬ発言が飛び出し、警察を苛立たせている。



 

■誤認逮捕を繰り返した警察

韓国・京畿道華城郡(現・華城市)周辺で1986年から1991年にかけ、10代から70代までの少女および成人女性10人が、次々と連続強姦殺人事件の犠牲になった。

当時、京畿南部地方警察庁は目撃情報を基に、犯人の身長は160~170cm、20代(1960年頃の生まれ)で痩せ型などの特徴を示したが、誤認逮捕を繰り返すばかり。2003年には、そのミステリアスな展開がモチーフとなった映画『殺人の追憶』が生まれている。


関連記事:4年前の被害届では不起訴処分だった犯人 19歳になった女性を再び強姦し殺害

 

■犠牲者は計14名

最後の事件の時効が2006年4月に成立した後も捜査を続けてきた同警視庁は、最新技術によるDNA検査を経て昨年9月、ひとりの男を事件の犯人として特定した。

1994年に妻の妹を強姦・殺害して無期懲役の判決により、釜山の刑務所に収監されているイ・チョンジェ(Lee Chun-jae)という受刑者だった。

一連の事件について再審がスタートし、このほど京畿道の水原市にある裁判所に出廷した現在57歳のイ被告は、10件の連続強姦殺人事件以外にも同様の事件を4件起こしたと自白し、法廷をざわつかせた。

次ページ
■20年服役した冤罪被害者も

この記事の画像(1枚)