身重の妻を侵入者と勘違いし死なせた夫 半狂乱の通報に続き警察が注意喚起

幼い子、そして妊娠中の妻と暮らしていたある男性が、深夜に響いた物音で目を覚ました。家族を守りたい。その一心で、男性は銃を取り出した。

社会

2020/11/09 10:20

侵入者
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

家の中で物音がしたものの、2人目の子を妊娠中の妻は確かに隣で眠っている。そう考え焦った夫が武器を手にし、侵入者を倒すことを決意した。



 

■深夜の物音に焦った夫

米国・フロリダ州で暮らすある男性は、2歳の子供、そして妊娠6ヶ月の妻と静かに暮らしていた。そんなある日の深夜1時頃、突然の物音で目覚めた男性は「誰かが家に侵入したのかもしれない」と考え驚いた。

隣に妻はいるだろうか。そう考え手を伸ばすと確かに体のぬくもりを感じたため、男性は「何者かが家に押し入った」と確信。護身のため拳銃を持ち部屋を出ると、確かに何者かの影が見えたという。


関連記事:緊急手術で救われた患者の夫が医療費支払いを拒否 女性医師を脅迫して逮捕

 

■倒れた身重の妻

廊下に誰かがいる。侵入者に違いない。そう考えて焦った男性は、家族と自分を守るために発砲。銃弾を受けた人物はその場に崩れ落ちたが、男性が駆け寄り確認すると、それは隣で眠っていたはずの身重の妻だった。

慌てて寝室に戻り妻が寝ていたはずのベッドを確認すると、そこで眠っていたのは妻ではなく、家族で大事に飼っている犬だった。

次ページ
■赤ちゃんも死亡

この記事の画像(2枚)