性器は破裂状態で輪姦の疑いも 30ヶ所を刺されメスの野良犬が死亡

獣医は診察のなかで、この犬の性器のダメージがあまりにも激しいことに気付いた。

社会

2020/11/09 10:40

野良犬
(TTP6/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

性格の穏やかなやさしいメス犬が、人間たちの最悪なエゴにより命を奪われた。まったく動けない状況で路上に横たわっていたところを保護されたが、強い痛みに苦しんだ末の悲痛な最期だったという。



 

 

■自力で立ち上がれず…

11月1日、コロンビア・ボゴタの歩道で全く動けなくなっているクリーム色の毛の犬が通行人の女性により発見された。

通報を受けた動物保護当局がほどなく犬を保護したが、特に下半身からの出血がひどく、自力で立ち上がることができない状態で獣医のもとに運ばれたという。


関連記事:幼女への性犯罪で捕まっても懲りない19歳男 出所後は犬を性的対象に…

 

■破裂状態だった性器

獣医の診察により、この犬は出産してあまり日数が経っていないメスの成犬であること、そして後ろ脚を中心に30ヶ所を刃物で刺されていることが判明した。

また、性器は破裂を思わせるほどひどいダメージを負っており、人間の男に何度も繰り返し強姦された可能性があると指摘された。

近隣に暮らす女性がフェイスブックに投稿した情報にも、「下半身の出血がひどく、あまりにも気の毒。数人の男がこの犬に性的暴行を働き、刃物で何度も刺し、殴る蹴るの暴行を加えていた」とある。

次ページ
■治療の甲斐なく天に召される

この記事の画像(2枚)