横山裕、凶暴なスズメバチの巣に近づき捕獲に貢献 勇気ある行動に称賛

「グリル厄介」でツマアカスズメバチの駆除に向かったDASHのメンバー。そこで横山裕が大活躍。

エンタメ

2020/11/09 06:00

関ジャニ∞・横山裕

8日の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「グリル厄介」。城島茂と関ジャニ∞・横山裕、そしてコーナーレギュラーの静岡大学・加藤英明氏が番組史上最も凶暴とされるツマアカスズメバチを駆除した。



 

■加藤氏も恐れる凶暴な厄介者

3人が訪れたのは長崎県の対馬。コーナー冒頭、城島は「これまでで一番厄介かもしれない。今日のターゲット。危険度MAXやと思う」と危機感を募らせる。

DASHヘビー視聴者の横山が「いっつもMAXって言ってますけど、今回はとくにですか?」と聞くと、「生死に関わる」と城島。捕獲のプロとして名高い加藤氏も「ヤバいです。今回はやられたらピンチですよ」と話す。その厄介者は韓国から侵入したツマアカスズメバチだった。


関連記事:『鉄腕DASH』城島茂についた新しい称号に「納得」「本当に笑う」と反響

 

■ドローンを使うことに

飛行能力に優れるツマアカスズメバチを捕獲するため、横山はドローンの使用を提案。「(ドローンも)外来種っていえば外来種ですけど」と笑いを取ることも忘れない。

加藤氏はツマアカスズメバチが高いところに巣を作ることから、使用を絶賛。横山が捕獲したスズメバチに印となる「チラ」を苦戦しながら付け、城島がドローンで、加藤氏と横山が自らの足でスズメバチを追いかけ、巣を探す。

次ページ
■悪条件で捕獲作業