11月11日は「うまい棒の日」 ファンが語る長年愛される理由とは

味のバリエーションが豊富で安いうまい棒。好きな人はどのくらい?

ライフ

2020/11/11 09:00


 

■好きな人の声は…

40代女性のFさんは、うまい棒が大好きだという。

「小学生の頃、ほぼ駄菓子屋でうまい棒を買って食べていた。とくに好きなのは、小さい頃から慣れ親しんでいるチーズとサラミ。美味しいことはもちろんですが、子供の小遣いでも買える安さも魅力でした。


大人になってもうまい棒愛は変わらず食べていますし、子供にもおやつとして食べさせている。うまい棒を親から子へ、そして子から孫へ受け継いでほしい」


関連記事:イオンのマスク、「うまい棒」「小梅」などとコラボ デザインがスゴい

 

■10代男性も「好き」

10代男性のKさんもうまい棒愛を口にする。

「両親がうまい棒をよく食べていて、その影響で自分も幼い頃からその味に慣れ親しんでいた。いろいろな味の種類があって飽きないし、何よりも美味しいですよ。


私が好きなのはコーンポタージュ味。あと、最近出たのり塩も好き。両親はチーズが好きなようです。これからもいろいろな味を開発してほしいですね」


手頃な価格で美味しく、味のバリエーションが豊富であること。それがうまい棒が愛される理由のようだ。

・合わせて読みたい→バカリズムが絶賛したビールに合う悪魔的レシピ チーズとラー油がたまらない

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)