霜降り明星、黒柳徹子から番組最後に厳しすぎる一言 「まじ辛辣」

『徹子の部屋』に初出演した霜降り明星。モノマネに漫才と様々なネタを披露するが…

霜降り明星

11日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビの霜降り明星が出演。エンディングで2人に対して放った黒柳徹子の辛辣な一言に、反響が相次いでいる。



 

■粗品にモノマネの無茶振り

番組では、自身の鉄板ネタとして、武田鉄矢や田村正和が演じる古畑任三郎のモノマネをしたせいや。その流れで「あなたモノマネできないの?」と無茶振りされた粗品は、西田敏行のモノマネを披露することに。

しかし「人生で初めてやった」というだけあって、黒柳の反応はイマイチ。それでも懸命に応えようとした粗品の姿勢を「努力は買う」と評価していた。


関連記事:霜降り明星、せいやのZoomセクハラ報道が仕事に影響 「CM3本飛んでるから」

 

■「まだあんまり笑ってない」

番組終盤には、黒柳から初出演の感想を聞かれ、粗品は「西田敏行さんのところだけカットで…あそことんでもなかったんで」と一連の流れを振り返る。

モノマネに加えて、漫才も披露していた2人だが、エンディング間際に「ああもう終わりになっちゃうな。色々やっていただかないうちに…」と悔やむ黒柳。

その一言に「また呼んでいただけるんですか?」と期待するせいやに対し、「じゃあ、またということいします?」とコメントする黒柳だが、続けて「そしたら笑わせていただければ。まだあんまり笑ってないんで」とまさかの一言が飛び出す。

この反応に対して霜降り明星の2人が「え、どういう締め?」「今日ちょっと…?」とうろたえる姿を映し、番組は終了した。


■視聴者の間では爆笑が

漫才を見た後も「ちょっと面白かった」と、なかなか厳しい評価を下していた黒柳。まさに『徹子の部屋』の洗礼とも言える放送内容に、SNS上では「翻弄される霜降り明星に笑った」「締めまじ辛辣」「よく健闘した」など様々なリアクションが続出している。

また、黒柳からは「あんまり笑ってない」と言われてしまった霜降り明星だが、「30分笑いっぱなしだった」「めちゃくちゃおもしろかった」「腹ちぎれる」との声も多数見られ、視聴者の間では爆笑が起こっていたようだ。

・合わせて読みたい→出川哲朗、黒柳徹子の噂を解明 衝撃映像に「神回」「ヤバイよ」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部