AV女優・吉永このみは隙のあるお姉さん? JK時代にとんでもない体験も…

Ms.SODより新人AV女優・吉永このみがデビュー。まさに「才色兼備」という言葉がピッタリな彼女に、しらべぇ編集部が直撃インタビューを行なった。

メンズ

2020/11/14 19:20

吉永このみ

アダルト業界大手「ソフト・オン・デマンド」(SOD)が擁するMs.SODといえば、「デキる女性」特有の空気を漂わせた美女が勢ぞろいしていることで有名。

そんなMs.SODから文字どおり「とんでもない逸材」がデビューするという情報をキャッチしたしらべぇ編集部は、すぐさま直撃インタビューへと向かった。


画像をもっと見る
 

 

■ガチの逸材だった

吉永このみ

平日は某大手企業に勤めつつ、週末はAV女優としてあられもない姿に…と、まるでAVの世界から飛び出してきたような(飛び出してきたワケだが)肩書きを持つ彼女。果たして、どういった切っ掛けでこの業界に興味を抱いたのだろうか。

吉永:私は元々、自分でもAVを買って観るくらいAVそのものに興味がありまして。最初に興味を持ったのは、中学3年生くらいのときでした。1つ年上の従兄弟と仲が良かったのですが、「エロい動画観る?」みたいな感じで誘われて(笑)。一緒に寝っ転がって観てたりしましたね。


私の家は両親がとても厳しかったので、携帯やスマホにもエッチなサイトは見られないようアクセス制限がかかっていて…。大学生になって制限が解除されたときは、その反動もあってスゴい勢いで色々チェックしちゃいました(笑)


関連記事:SOD期待のホープ・アラレ王 謎の老人のお告げを受けてAVデビュー果たす

 

■撮影前日は緊張した?

吉永このみ

続いては、デビュー撮影前夜と当日の様子について詳しく聞いてみる。

吉永:撮影の前日は早めに布団に入ったんですけど、緊張して全然寝られなかったです…。撮影当日もすっごい緊張して、男優さんと対面した瞬間が緊張のピークでしたね。


(インタビュー時は)まだ自分の作品は観られていないんですけど、早く観たいな〜とワクワクしています(笑)

次ページ
■制服を着ていたら突然…「いくら?」

この記事の画像(5枚)