N国党、まさかの党名変更 「ゴルフ党って何」と困惑の声

NHKから国民を守る党・立花代表がツイッターで「ゴルフ党」へ党名を変更することを明らかに。ネットでは困惑の声が続出している。

政治

2020/11/14 06:30

立花孝志

13日、NHKから国民を守る党の党首・立花孝志代表がツイッターを更新。「NHKから国民を守る党」が党名を変更し、「ゴルフ党【NHKから国民を守る党】」にすることを明らかにした。



 

■略称は【ゴルフ党】

立花代表は、N国党党名の変更をすること、略称を「【ゴルフ党】」にすることを発表。「来年の通常国会までの間に、正式な登記簿などを変更します」と綴った。

また、略称について「【ゴルフ】ではなく【ゴルフ党】です」としており、略称ひとつにもこだわりを感じる。


関連記事:迷惑系YouTuberへずまりゅう、拘置所での近況明かされる 友人宛ての手紙には…

 

■ゴルフ場利用税撤廃を訴える

前回の衆議院選では、「NHKをぶっ潰す」という力強い言葉で注目を集め、NHK受信料制度や放送法について不当であると訴えていた。

次期衆議院選では、今まで通りNHK受信料問題だけでなく、「ゴルフ場利用税撤廃」を訴えていくとしている。今後は、選挙の度に看板となる政策を党名に追加するようだ。


■困惑の声続出

党名変更の話題を聞きつけた人々は「どういうことなの?」「ただのゴルフ好き集団の名前みたいになった」「ゴルフ党って何?」と困惑のコメントが多く寄せられている。

NHK受信料について訴え続けてきた立花代表とN国党が、突然「ゴルフ党になります」と今までと関係ない名前になれば疑問に思うのも当然だろう。

また、「ゴルフ興味ないから魅力的に感じないな」「NHKはともかくゴルフってなんだよ」と党の方向性を残念に思う声も散見された。独自の方向に走り続けるN国党と立花代表。次期衆議院選ではどういった行動や言動で我々を驚かせるのだろうか。

・合わせて読みたい→社民党に残るのは福島瑞穂党首ただ一人? 立憲合流を容認するかの臨時党大会開催へ

(文/しらべぇ編集部・Aomi