新生児病棟で残酷な取り違えミス 赤ちゃんの退院か死亡かの明暗は逆と判明

生まれたばかりの赤ちゃんの手首あるいは足首に、しっかりと巻かれる名札のバンド。これは、両親と赤ちゃんの絆を証明する大切なものだ。

社会

2020/11/15 20:40

新生児
(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大きな病院で、稀に起きてしまう赤ちゃんの取り違え事件。しかも片方の子が亡くなるようなことでもあった場合、両方の家族はどれほどの苦しみを味わうことになるだろうか。


 

■死亡した赤ちゃんを抱き涙

今月2日、インド・カルナータカ州シモガ県にあるマクガン病院で、低出生体重児の男の子と女の子が誕生していた。ともに母親から離され新生児集中治療室(NICU)に運ばれ、全身の様々な機能に関する慎重な観察が始まったが、男の子は5日に死亡した。

まったく動かなくなった小さな命を腕に抱きしめ、涙にくれながら病院を後にしたのはスマ・ゴパルさん。実際には”女の子”を出産した母親だった。


関連記事:14歳少女が自宅で極秘出産 赤ちゃんを冷凍庫に隠し死なす

 

■女の子は無事退院のはずが…

そしてもう1人、女の赤ちゃんは保育器の中でスクスクと成長をみせた。スマ・アンジャナッパさんと家族は7日、いよいよ”我が子”を自宅に連れて帰れるとの連絡を受け、病院に向かった。

ところが、赤ちゃんにはペニスがない。家族がスタッフに「これはうちの子ではない。男の子を出産したはずだ」と告げると、彼らは慌ててカルテを調べ、取り違えが起きていたことを認めた。

次ページ
■二家族ともに悲惨な経験

この記事の画像(1枚)