夫婦喧嘩が絶えなかった一家 精神バランスを崩した妻が3歳娘を刺殺か

両親の夫婦喧嘩が絶えなくなったなか、幼い娘が刃物で刺され死亡した。

社会

2020/11/15 20:20

血まみれのナイフ
(daniel_wiedemann/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供は親の夫婦喧嘩に遭遇しても、解決のための術を知らないことが多い。親が精神のバランスを崩してしまった時にも、どう対処したらよいのかわからず、不安と恐怖に怯えて過ごすことになる。悲劇的な事件がフランスから伝えられた。



 

■3歳女児が刃物で刺され死亡

フランス東部ローヌ県のロザンヌで今月12日の午前7時頃、自宅のベッドで眠っていた3歳の女の子が刃物で刺され、搬送先の病院で2時間後に死亡する事件が起きた。

両親に関する情報は一切明らかにされておらず、死亡した女の子について“エステルちゃん”という名前のみが公表されている。


関連記事:息子を連れて実家に戻った妻に激怒の夫 仲間に子殺しと妻の集団レイプを依頼か

 

■現場にハサミとナイフ

刃物で体を刺されて血まみれになったエステルちゃんを抱き、隣家に逃げ込んだ父親は「妻が娘を刺し、その後に自身も刺した」と説明。警察への通報を依頼したことがわかっている。

夫に怪我はないが、妻は重傷につきビルフランシュ=シュル=ソーヌの病院に搬送された。警察はその後、現場からハサミとナイフを押収している。

次ページ
■実家の母親に電話した妻

この記事の画像(1枚)