「彼はヒーロー」と7万人が署名するも… 小児性愛者を死なせた男に15年の禁錮刑か

繰り返し小児性犯罪を重ねた男を攻撃し、少年2名を救った男。彼が助けなければ、大変なことが起きていたはずだが…。

社会

2020/11/15 09:20

署名運動
(qingwa/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

あるアパートの一室に、もしも男が勇気を出して踏み込まなければ、少年たちは小児性犯罪事件の被害者になっていただろう。しかし男の攻撃を受けるなか、転倒した小児性愛者は頭を打って死亡。警察は男を正義のヒーローとはみなさなかった。



 

 

■「助けて」と泣く子供の声

ロシア・バシコルトスタン共和国のウファ市で今年2月上旬、ウラジミール・サンキンという自動車整備士の男(当時33歳)が、1人の男を殴って死なせたとして傷害致死容疑で逮捕された。

「誰か助けて」と言って泣く子供の声がアパートの一室から聞こえることに、サンキン容疑者は小児性犯罪を疑って警察に通報。木の棒を手に、自らもその部屋に押し行った。


関連記事:ネットで出会った男を日本刀でメッタ刺しした女 「強姦への報復」と主張

 

■斧で脅し「服を脱げ」

部屋の中には地元の中学に通う少年2名がおり、ウラジミール・ザイツェフという当時54歳の男が、斧で脅しながら一方の少年に「裸になれ」と命じていた。

サンキン容疑者の介入により解放された少年たちは、警察の聞き取りに「雪遊びで濡れて体が冷え、アパートの中に入って休んでいたところ、ザイツェフから部屋に来て服を乾かせばいいと、声をかけられた」と説明したという。

次ページ
■「彼は正義感の強い男」

この記事の画像(1枚)