コロナ渦で大打撃のビジネスホテルでアヒルちゃんがお出迎え 持ち帰りもOKな理由を直撃

コロナ渦で大打撃のビジネスホテルのアイデアが大好評。そのアイデアのみなもととは…

話題

2020/11/15 17:40

ユニットバス内アヒル
(写真提供:調布アーバンホテル)

コロナ渦で出張客やインバウンド客の減少、並びに東京オリンピックの延期でトリプルパンチ状態の都内のビジネスホテル。そのホテルにちょこんといるアヒルちゃんが話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■位置・向きにもこだわり

東京ウエストホテルグループのビジネスホテル18施設内にいるアヒル。ユニットバスのドアを開けると、そのけなげな姿が目に飛び込んでくるが、あえて客と目線が合うように、位置も向きも考え抜かれている。

このアヒル導入のキッカケは、口コミの点数だったという。風呂の評価項目は、三ツ星ホテルでも決して高くない。この原因については、「宿泊客が自宅の広い風呂と比較して、ユニットバスに窮屈さを感じるためではないか」と考えられている。

ウエストホテルグループでは以前の風呂の評価項目が、5点満点中3.1程度だったそうだ。


関連記事:アパホテルのステーキ店『匠』がGo To Eat対応 アパ社長カレーも食べ放題

 

■ドアを開けた瞬間の感動

そこで社員がアイデアを出し合い、浴室にアヒルをセットすることにした。ドアを開けた瞬間の感動がそのこだわり。「前の客の忘れ物かと思った」という一部の声以外は、「癒された」、「安らいだ」、「ホッとした」など大好評だという。

アヒル案内文
(写真提供:調布アーバンホテル)

結果として評価項目の点数も、0.5ポイントアップし、宿泊客の2割が実際にアヒルを持ち帰っているそうだ。

次ページ
■ディスカウント戦争突入の都内ホテル

この記事の画像(4枚)