きゃりーぱみゅぱみゅ、手術で視力回復を報告 「ずっとずっと悩んでいた」

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが14日、ICL(眼内コンタクトレンズ)と呼ばれる視力矯正の手術を受けたと報告した。

エンタメ

2020/11/15 15:40

きゃりーぱみゅぱみゅ

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが14日、自身のツイッターを更新し目の手術を受けたと報告した。ファンからは安堵の声が寄せられている。



 

■ICLの手術を受ける

これまでの投稿で視力の悪さを嘆いていたきゃりー。2012年のツイートでは「視力激悪なので家ではメガネメガネです」と常時メガネをかけていると説明していた。

そんな中14日に、ICL(眼内コンタクトレンズ)と呼ばれる視力矯正の手術を受けたと報告した。


関連記事:ビッグマミィ美奈子、手術&入院を報告 「発作も出始めてきたので」

 

■「ずっとずっと悩んでいた」

投稿では「視力も悪くて乱視も酷くてずっとずっと悩んでいたんだけど、手術を受けて次の日から両目が2.0に…!」と、視力が上がったことに感動している様子をつづっている。

さらに「色鮮やかでなにより朝起きてすぐ見えて感動してる、、時間が経てばまたカラコンも付けれるみたいで嬉しい〜」と喜びを語った。

乱視のきゃりーにとってカラコンは悩みのひとつだったようで、過去にはコンタクトを製造する企業に対して「かわいくて乾燥しない乱視用カラコンを作って下さい」と呼びかけていた。しかし今後はそういった悩みとは無縁になりそうだ。

次ページ
■指原莉乃も手術経験