レイプ犯の局部を命がけで食いちぎった女子大生 勇気に称賛相次ぐ

この男の言いなりにはなるまい、そして自分の身は必ず守る。女性は、そんな強い気持ちを胸に…。

社会

2020/11/16 08:40

泥棒
(BrianAJackson/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

何の抵抗もできない恐怖のなかで、性暴行の被害に遭ったという女性は多い。そんな中、女性の勇気と力強さを感じさせる事件の話題が海外から飛び込んできた。



 

 

■強盗だけにとどまらず…

事件は、ガーナ南部アシャンティ州のオブアシで、今月7日の午前2時30分過ぎに起きた。エマニュエル・アンクロンという23歳の男が、強盗目的であるアパートに窓から侵入。ジャスティナ・ドンコールさん(24)の部屋からテレビ、携帯電話、現金などを盗もうとした。

続いてアンクロン容疑者は、刃物を手にドンコールさんの寝室へ。性欲を高ぶらせながら下半身をさらけ出した。


関連記事:4年前の被害届では不起訴処分だった犯人 19歳になった女性を再び強姦し殺害

 

■表情にあらわれた油断

「物だけ盗って出て行って」と訴えるドンコールさんの体を押さえつけ、下着を剥がすと「ペニスを口に含め」と強要したアンクロン容疑者。ドンコールさんはその要求に従ったが、同容疑者の表情に油断が見て取れた瞬間、ペニスを思い切り食いちぎった。

事件後、彼女はガーナのテレビ局『ADOM TV』の取材に応じ、抵抗するには大変な勇気が必要だったことを告白。他人の血を口に含む危険性、刃物で刺される危険性を恐れないわけにはいかなかったからだ。

次ページ
■警察官がペニスを回収

この記事の画像(2枚)