トリミング中の子犬が舌を切られる事故 トリマーは「急に動いた」と無責任な言い訳

トリミングに預けていた愛犬に、舌を切られるという重大な事故が起きた。飼い主はそのトリマーの無責任な説明に全く納得がいかなかったという。

社会

2020/11/16 11:30

ヨークシャーテリア・トリミング
(scorpp/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大切な愛犬に欠かせないトリミング。しかし、はさみを使用するだけに怪我もつきもの、時にはこんな事故さえ起きてしまうのだ。そして肝心なのは、店、そしてトリマーが、まずは飼い主と犬に謝罪の気持ちを示すことではないだろうか。



 

■舌の前方を失い目に涙

ブラジル・サンパウロ市のあるペットサロンで今月11日、トリミング中の子犬が舌の前方数センチほどを切り落されるという事故が起きた。

ヴァンダ・ソウザさんという飼い主の女性は、舌の先を失って涙で目を潤ませている愛犬スコットくんの写真をフェイスブックに投稿し、サロンやトリマーに対する強い怒りを吐露。15日午前の時点でシェアは2.6万、コメントは1.2万件にも及んでいる。


関連記事:はじめしゃちょー、突然のアレルギー発症を報告 「食べたら舌が…」

 

■飲食を受け付けず…

舌の出血は収まり、切断の傷口も回復に向かっている様子だが、ちょっとした刺激にも激痛が走るのか、スコットくんは飲食ができず元気がない。

トリミングでは、深爪による出血やカットの際に皮膚を傷つけてしまう事故が起きることがある。だが、これほど重大な事例は聞いたことがないとして、ソウザさんの投稿は「あまりにもひどい」「絶対に許せない」といったコメントで炎上している。

次ページ
■「急に動いたもんだから…」

この記事の画像(1枚)