『ミヤネ屋』女性アナウンサーが宮根誠司に応酬 「ご自分で検索して」

宮根誠司が、女性アナウンサーに難題な質問をぶつけて困惑させるというやりとり。郡司恭子アナウンサーの対応に反響

エンタメ

2020/11/16 19:40


 

■共演者が郡司アナをフォロー

その後、郡司アナは「ただ、今回乗ってらっしゃるロケット、名前が『レジリエンス』ということで、『困難な状況から回復する力』という意味があるそうなんですね」と豆知識を伝えるも、宮根は「そんなん聞いてない!」とバッサリ。

スタジオからは「いい情報でしたよ!」と、郡司アナをフォローするコメントも飛んだものの、宮根は一切譲らず。翌日も出演予定の郡司アナに「詳しい人に聞いておく」という宿題が出される形で幕が引かれた。


関連記事:『ミヤネ屋』中継で女性リポーターが叱責され… 視聴者「胸が痛くなった」

 

■視聴者は郡司アナに同情

宮根が無茶振り質問で女性アナウンサーを困惑させるというやり取りに、視聴者からは「毎回何かと女性アナに振るけど、女性アナは原稿を読むっていうのが仕事だからな」「郡司さんにツッコミすぎ」「郡司アナ毎回ほんとお疲れ様」といった声が。

郡司アナの毅然とした対応には「郡司アナの対応力さすがだな」と、好意的な反響も上がっている。

・合わせて読みたい→『ミヤネ屋』宮根、中継先の男性記者を心配 「しんどいと思うわ…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい