『グッとラック』食べるときだけマスク外す「マスク会食」 ネット上でも賛否

新型コロナ感染症対策分科会が提唱する「マスク会食」。『グッとラック』で出演者たちも試してみるも、実現は難しい?

エンタメ

2020/11/17 12:45


 

■「これは定着しないんじゃないか」の声も

ヴァイオリニストの木嶋真優は「お酒入ったら絶対に不可能ですよ。お昼はがんばりますけど…夜の忘年会とかでこれは実現が難しい」と漏らし、田村も「これは定着しないんじゃないかな…」と難色を示していた。

出演者たちから否定的な声があがったように、SNS上でも「さすがにこれは無理」「そんなしんどい食事したくないな」など厳しい声があがっている。


関連記事:30代女性の6割が「マスクは不織布のものを使いたい」 洗って使い回す人も

 

■皆で感染拡大を予防する意識を

一方で、こうしたマスク会食に否定的な意見に対して「マスク会食が嫌なら飲みに出歩かないで」「批判もいいけど協力もしようよ」との声も。また、マスク会食ができないなら会食をすべきではないとの意見もあがっている。

賛否あるマスク会食だが、金子院長は「今年だけは我慢というか皆で協力をして、お店の方にだけ感染対策を強いるのではなく会食する私たちも協力して、皆で感染拡大の予防に努めていければ…」とコメント。

田村から「先生は(マスク会食)をやるんですね?」と聞かれると、「そもそも不要不急の会食は行かないようにしていますし、どうしても必要な会食の場合は(マスク会食を)やります!」と話した。

・合わせて読みたい→田村淳、マスク着けない後輩とのやり取りに反響 「後輩の立場からすると…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一