コロナ対策で禁止された場所でのバーベキュー 密漁疑惑にも怒り心頭の漁師を直撃

キャンプ禁止の場所で強行しゴミを散乱させたまま帰った家族。怒り心頭の地元の様子とは…

話題

2020/11/17 19:30

焚き火
(画像提供:ねこぢるさん)

イセエビの漁獲量全国第3位を誇る和歌山県・串本町でのルール及びマナー違反が、SNS上で話題となっている。しらべぇ取材班は、怒り心頭の漁師たちの地元を直撃した。



 

■キャンプ禁止場所でゴミが散乱

投稿者のねこぢるさんによると、その現場は和歌山県串本町の白野漁港内にある海水浴場兼キャンプ場だという。


今月14、15日に、とある家族がキャンプをしゴミを散乱させたまま帰ってしまったそうだ。和歌山県東漁業協同組合によると、この場所はコロナ渦により、年内はキャンプ禁止にしていたという。


関連記事:『鉄腕DASH』関東では外道? 城島茂と枡アナが絶賛した「キビレ」に注目集まる

 

■全国的に密漁が相次ぐ

このゴミは地元漁師たちで片付けを行ったが、信じられない行為に怒り心頭の様子。ゴミの中にはイセエビの残骸も残されており、密漁疑惑も出ている。串本町では現在イセエビ漁の最盛期のため、密漁が横行すると漁師の死活問題になる。

また全国的にイセエビの密漁が相次いでおり、全国ナンバー2の漁獲量の千葉県・銚子市では、毎年20人から30人が漁業法違反で摘発を受けている現状だ。和歌山県でも海上保安庁などが密漁に対するパトロールを強化中だ

次ページ
■漁業権侵害という罪と罰

この記事の画像(2枚)