単3電池を「単1電池」に変身させて使う方法 これは覚えておきたい

意外と家になかったりする「単1電池」や「単2電池」。テレビのリモコンなどで使用する単3電池を変身させて使うことが可能だった

グッズ

2020/11/18 06:00

単3電池と懐中電灯

普段はあまり使う機会はないものの、いざというときにないと困るのが「単1電池」や「単2電池」だ。テレビのリモコンなど使用頻度の高い「単3電池」を、「単1電池」や「単2電池」に変身させて使うことが可能であることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■『東京防災』でも紹介されている

単3電池を単1電池に

まず、非常時に単3電池を単2や単1電池として使用する方法は、『東京防災』でも紹介されている。タオルやハンカチなどの布を用意し、単3電池の高さに合わせて切って巻きつけ、直径が2.6センチになったところでセロハンテープで止める。単2電池の場合はこれだけでOKだ。

単1電池にするには、布を直径3.6センチになるまで巻きつけて止める。さらにそこへ、丸めたアルミホイルを使って高さを調節すれば単1電池として使うことができるという。

但し、「懐中電灯などの内部に金属がむき出しになった機器」の場合は、アルミホイルの使用は危険なので要注意だ。


関連記事:スザンヌ、SNSでスポブラ姿の画像を公開 台風10号に警戒呼びかけも

 

■100円ショップに便利グッズが

ダイソー「電池チェンジャー」

『東京防災』に記載されている方法はぜひ覚えておきたい知識だが、正直なところかなり面倒な作業……。じつは、単3電池を単1・単2電池に変身させてくれるグッズは商品化されており、100円ショップでも買うことができるぞ。

しらべぇ編集部では、ダイソーで販売されていた「電池チェンジャー」(税抜100円)を試してみた。

ダイソー「電池チェンジャー」

中には、単2電池用と単3電池用の2サイズ、計4つのアダプターが入っている。

次ページ
■本当に使えるのか試した結果…

この記事の画像(7枚)