はじめしゃちょー、タクシーあるあるを『鬼滅の刃』的に表現 「鏡の呼吸」

はじめしゃちょーがタクシーあるあるを『鬼滅の刃』に絡めて披露。

エンタメ

2020/11/18 06:45

はじめしゃちょー

17日、人気ユーチューバー のはじめしゃちょーが自身のツイッターを更新。タクシー運転手の対応と自身の機嫌の関係を人気アニメ・漫画『鬼滅の刃』に喩えて投稿し、反響を呼んでいる。



 

■鏡の呼吸を披露

はじめしゃちょーは、投稿で「優しいタクシーの運転手さんにはオレも優しくなる 機嫌悪いタクシーの運転手さんにはオレも機嫌悪くなる」と自身のあるあるを披露。

タクシー運転手の対応と自身の機嫌の関係について、「まるで鏡の様…」とつづっており、「全集中 鏡の呼吸 明鏡止水」と『鬼滅の刃』に登場する「呼吸法」に関連づけたのオリジナルの呼吸を使って表現している。


関連記事:ノンスタ石田、タクシー運転手が道を間違え… 謝罪に対する返しに称賛

 

■不機嫌な運転手に怒られた経験も

突然の投稿に、ファンから「急にどうしたの?」といった疑問の声が寄せられると、はじめしゃちょーは「優しい運転手さんいて和んだと同時に昔めっちゃ不機嫌で何故か怒られた運転手を思い出してな…」と説明。

投稿のコメント欄には、「めっちゃわかる!」「なぜか不機嫌なタクシー運転手っているよね」「相手によって対応変えたくなる」などファンから共感の声が多数寄せられた。


■タクシーが苦手な人は…

便利な移動手段のひとつであるタクシーだが、はじめしゃちょーのように運転手の態度にイラッとしたり、ときにトラブルになったりというケースは珍しくない。芸能人でも「タクシー運転手とのやりとり」はトークの鉄板ネタだ。

世間でも、さまざまな理由からタクシーの利用に抵抗を感じている人もいるのではないだろうか。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の55.7%が「タクシーに乗るのはあまり好きではない」と回答している。

タクシーに乗るのはあまり好きではないグラフ

はじめしゃちょーが実践した「鏡の呼吸」。機嫌の悪い運転手に遭遇した際には、明鏡止水の心で「気にしない」ことを心がけるとよいかもしれない。

・合わせて読みたい→強盗目的でタクシー運転手を襲撃 12歳を含む若者の犯行グループを逮捕

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)