「年末ジャンボが待ち遠しい」 くじで100万円以上当てた人はどれくらい存在するのか

なかなか大金が当たらない宝くじ。100万円以上当たったがある人は…

社会

2020/11/19 10:00

宝くじ
(the.epic.man/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

当選金額の高い「くじ」といえば、11月24日から12月25日まで販売される年末ジャンボ宝くじ。今年も1等・前後賞合わせて10億円となっている。また、BIGやtotoといったスポーツくじも1億円以上当たる可能性がある。

そんな宝くじやスポーツくじだが、ほとんどの人は大金にありつけていないと聞く。実際100万円以上のビックマネーを掴んだ購入経験者はどのくらいいるのだろうか。



 

■100万円以上当てたことがある?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,733名に調査を実施した。

結果、「宝くじやスポーツくじで100万円以上当てたことがある」と答えた人は3.8%。ごく僅かだが、大金を手にした人も存在している。


関連記事:20代男性が一番多い 今の恋人を元恋人と比べてしまう人の割合は…

 

■男女別に見ると…

100万円以上当てたことがある人を男女別に見たデータがこちら。

ほぼ横ばいだが、30代男性の割合が7.5%と若干高め。購入予定の人には、勇気が出る数字かも。

次ページ
■地域別で傾向

この記事の画像(2枚)