ハリセンボン、アラフォー独身女性のリアルな結婚観を熱弁 「恋愛したいけど…」

ハリセンボンの2人が『TOKIOカケル』で恋愛観を吐露して…

エンタメ

2020/11/19 08:00

v

18日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にハリセンボン・近藤春菜と箕輪はるかが登場。独身の2人が恋愛観を赤裸々に吐露、その内容に大きな反響が起きている。



 

◼結婚観の変化

「昔思い描いた結婚観は今は違う?」と変化した恋愛・結婚観について尋ねられたハリセンボン。

37歳で恋愛経験のない春菜は、「昔は20代後半で旦那と子供がいたらいいかな、ぐらいの漠然としたものだった」と振り返りながら、「今は結婚したいとも思っていない。自分をどう楽しませるかがテーマ」と熱弁。

「好きなこと・やりたいことをやって、自分をまず幸せにして。他人のことを考えられない」と本音を漏らした。


関連記事:丸山桂里奈、夫婦でDa−iCEのPVに出演 バージンロードで予想外の展開に…

 

◼30歳で気づき

飲み歩く時期もあった春菜は、その際「男ってずっと遊びたいんだな」と達観した部分もあったと言及。

さらに30歳ごろに「価値観が合う人に出会うのって難しい」と悩んでいたところ、ある男性から「価値観合う人間なんていない」と伝えられ、「合う人間がいないなら一緒に暮らせない」と結婚を諦めたと明かす。

「結婚はしたくないが恋愛はしたい」春菜。「形に囚われなくてもいいんじゃないかなとは思う」と結婚だけが目指すべきものではないと力説した。

次ページ
◼はるかは恋愛も興味なし?