フット岩尾、当て逃げ被害を告白 修理代を請求された理由が話題に

『ジュニア小籔フットのYouTube』で岩尾望が当て逃げ被害を告白。視聴者からは反論の声も

エンタメ

2020/11/19 13:45

フットボールアワー・岩尾望

千原ジュニア、小籔千豊、お笑いコンビのフットボールアワーのYouTubeチャンネル『ジュニア小籔フットのYouTube』が18日に更新。岩尾望の突然の告白が、ネット上で話題になっている。



 

■横からトラックが…

和やかな雰囲気の中、4人でざっくばらんに語り合うこのチャンネル。今回は、撮影中のロケ車が偶然通った「並木橋」がテーマに。そこでのエピソードが、各々の口から語られる。

そうした中、”当て逃げ被害”について話し始めた岩尾。ある日、用事があって並木橋付近の路肩に車を停めていたというのだが、「さあ出よう」と思った際に「横からトラックが走ってきて、当たってそのまま行った」のだという。

「うわ当て逃げやん」と思い、すぐに警察に電話をし、覚えていたナンバープレートなどを告げたのだそう。すると後日、保険会社から連絡がかかってきたのだが…。


関連記事:『バイキング』フット岩尾の髪に視聴者が衝撃 「どうした?」「カッコイイ」

 

■保険会社の意外な回答

その内容は「この場合、発進の不注意ですよね」という想定外の回答。「車が来ないか確認して出なきゃいけないのに、それを怠った。その場合には、7:3でそちらが悪い」と言われてしまったという。

「当てられてるんですけど…」と訴えるも、結局向こうの修理代を岩尾が負担することになったのだという。これに、話を聞いていた千原ジュニアも「ええ〜」と驚きの声を上げ、「嫌な話やなあ」と顔をしかめた。

次ページ
■「岩尾さんの不注意では」