スタンドで販売した灯油1809リットルにガソリン混入の恐れ その危険性を消防に直撃

ガソリンが混入した灯油の危険性とは。万が一ガソリンが混入した場合、機器をどうすればよいのか…

話題

2020/11/20 14:00


 

■ガソリン誤給油による出火事故が発生中

独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)によると、2014年度から2018年度までに、石油ストーブ・石油ファンヒーターへのガソリン誤給油による出火事故が16件起きているという。死者も7名出ており、負傷者も18名におよぶ。

ガソリン引火時石油ファンヒーター
(写真提供:製品評価技術基盤機構(nite))

灯油の引火点は40℃以上とされているが、ガソリンが混入すると引火しやすくなる。


関連記事:山里亮太、『スッキリ』での炎上に皮肉連発 「ガソリンを注いでしまった」

 

■ガソリンが混入した機器への対処

京都市消防局は、「カートリッジタンク式石油ストーブにガソリンを誤って給油した際に、点火後すぐには出火しない場合がある」と話す。「その後しばらく時間が経過した時点や、燃焼中断後の再点火時に出火する場合があるため注意が必要だ」と語る。

最後にniteの担当者は、「石油ストーブや石油ファンヒーターにガソリンが混入した場合はそのまま使用ぜずに、メーカーの点検を受けたほうが良い」と述べた。

・合わせて読みたい→宮川大輔、ガソリンスタンドでの奇跡に驚きの声 「いいことありそう」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(3枚)