高校中退の双子が売れっ子ゲームクリエイターに 両親の住宅ローンもポンと完済

頭の良い我が子の将来について、高い学歴を身につけさせたいと望む親は多いが…。

社会

2020/11/22 10:30


 

■鳴かず飛ばずの時期を経て…

兄弟が使用しているのは、ゲーム作成システム・プラットフォームの『ロブロックス(ROBLOX)』。鳴かず飛ばずの時期を経て、2017年にアドベンチャーゲーム映画『ザ・ラスト・ゲスト(The Last Guest)』が注目を浴びた。

すると2018年には、ビデオゲーム『ゲスト・ワールド(GUEST WORLD)』もヒット。2013年にYouTubeに開設した『Oblivious』というチャンネルの閲覧回数は、すでに2億7千万回を超え、計20ほどのゲームが世に放たれた。


関連記事:霜降り明星せいや、家族のために4LDKの新居を購入 金額とローンは…

 

■「別のことを疑った」と父親

「アプリ内課金あり」タイプのゲームを、次々と完成させるホートン兄弟。プレイ中ある機能の追加にロックの解除が必要となり、ゲーム続行を希望する者はそこで数百円を支払う仕組みだ。

『サンデー・ミラー』の取材に「息子の銀行口座に600ポンド(約83,000円)が入金されたことを知った時は、麻薬の密売でも始めたのかと、激しいショックを受けました」と語る父親のマークさん。そんな心配をよそに、兄弟は「好きなだけお菓子を買えて嬉しかった」と話している。

・合わせて読みたい→『5時に夢中』大橋未歩、ひどく暴れていた過去に驚きの声 「想像つかない」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)