60代女性の4割が『ひるおび!』派 笑いを求める人は『バイキング』に

昼の情報番組に、『バイキング』と『ひるおび!』がある。視聴者は、どちらを好んで観ているのだろうか。

エンタメ

2020/11/22 09:00

昼の情報番組として『バイキングMORE』(フジテレビ系)と『ひるおび!』(TBS系)は、ライバル関係にある。どちらを好んで観る人が多いのか、気になるところだ。



 

■7割が『バイキング』派

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に『バイキング』と『ひるおび!』ならどちらを見ることが多いか調査したところ、全体の67.7%が『バイキング』、32.3%が『ひるおび!』と回答した。

バイキング・ひるおび!


関連記事:『ヒルナンデス』に思わず本音 とんかつ「買う派」と答えた女性アナに称賛

 

■報道性を求めて『ひるおび!』

性年代別で観ると、10代から20代の若い世代では女性よりも男性の割合が高くなっている。

『バイキング』と『ひるおび!』なら『ひるおび!』を観る性年代別グラフ

『ひるおび!』のほうが、報道番組の要素が強いと考える人も多い。

「どちらかといえば『ひるおび!』のほうがコメンテーターも文化人が多く、まだ報道番組の要素が強い感じがする。


『バイキング』のレギュラー陣はタレントばかりなので、ニュースをネタに討論するバラエティを観ている気分。激しい言い合いよりも情報が欲しいので、僕は『ひるおび!』を選んでいる」(20代・男性)

次ページ
■笑いを求めて『バイキング』

この記事の画像(2枚)