コロナ禍で増加するSNS詐欺の手口と注意点 大量のなりすましアカウントつくられ…

多くの人が気軽に楽しむSNS。しかし公開している写真や動画が知らぬ間に盗まれ、詐欺行為に利用されてしまうケースが増えている。

社会

2020/11/22 18:30

SNS詐欺
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSで他人の写真や動画を盗み、出会い系サイトなどで悪用。恋人を求めている異性に接触し、お金を要求する詐欺師たちがいる。いったい、どのような手口で人をだますのだろうか。



 

■届き始めたメッセージ

米国・ジョージア州で暮らすある女性は、SNSに写真や動画をアップし、フォロワーを増やしてきた。

人気も出たことから様々なブランドの宣伝も任されるようになったが、次第に謎のメッセージを送り付けられるように。その内容は「君に送金した」「ちゃんと届いたのか」というもので、他人に送金を求めたことがない女性は、おおいに戸惑った。


関連記事:『バイキング』松嶋尚美、ネット詐欺に遭遇し困惑 「マジのやつじゃん…」

 

■脅迫された女性

そのようなことが続き、女性は自分の写真が詐欺師らに利用されていることに、ようやく気づいた。

女性の写真を使って出会い系サイトに登録した詐欺師らが、サイト利用者をだましお金を送らせている。そう確信した女性は被害者に深く同情したが、女性のSNSを見つけた人たちから「ひどいじゃないか」と責められ、脅しに近いメッセージを送りつけられたこともあったという。

女性によると、現時点で彼女になりすましている詐欺師のSNSアカウントは約350。3年ほど前から、写真などが詐欺に利用されている可能性が高いという。

次ページ
■コロナ禍で詐欺が増加

この記事の画像(1枚)