コロナ禍で増加するSNS詐欺の手口と注意点 大量のなりすましアカウントつくられ…

多くの人が気軽に楽しむSNS。しかし公開している写真や動画が知らぬ間に盗まれ、詐欺行為に利用されてしまうケースが増えている。

2020/11/22 18:30


 

■コロナ禍で詐欺が増加

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になり、自宅で過ごす時間が長くなった。そのためインターネットの利用時間も増え、それに伴いSNSや出会い系サイトを悪用しての詐欺が増えているという。

米国の専門家らは、被害者が通報しないケースも少なくないと指摘。振り込まされる金額は数千円程度の場合が多く、だまされたと気づいてもそれを恥じ、「大した金額じゃないから…」と自分を納得させて、泣き寝入りするパターンが多いという。


関連記事:総務省を騙った「2回目の特別定額給付金」のフィッシングメールに注意

 

■詐欺師の巧妙な手口

詐欺師たちは、頻繁にチャットで声をかける、被害者側が「会いたい」と言っても「外出自粛中だから」と言い張って拒否する、ビデオチャットには応じないのに異常になれなれしい、などの特徴があるという。

中にはビデオチャットに応じるふりをして盗んだ動画を見せる詐欺師もいるが、当然会話は成り立たず、指摘されると「ネット環境が悪い」といって逃げ切ろうとするそうだ。

こういった手口があることを知り、だまされないよう気を付ける。また知らない人からのコンタクトを受け付けないなどし、詐欺行為に巻き込まれないよう注意したい。

・合わせて読みたい→GACKTの名を騙ったネット詐欺が発生 「ホント許せない!」と怒りの声も

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

詐欺動画SNS写真チャットネット詐欺被害者出会い系サイト送金手口
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング