高齢者がキャンプファイヤーを満喫中に転倒 そのまま焼死する大惨事に

静かなひと時を満喫していた高齢者が、まさかの炎上。死亡してしまうという悲しい出来事があった。

社会

2020/11/22 13:00

キャンプファイヤー
(AndrisBarbans/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

外で火を起こし、ぬくぬくと穏やかな時間をのんびり過ごしていた男性。しかし、不慮の事故で焼死してしまった。思いもよらぬ悲惨なアクシデント発生に、当局も衝撃を受けている。



 

■火のそばにいた高齢男性

米国・ジョージア州で暮らしていた男性(71)が、約2週間前に、とある土地への招待をありがたく受け入れた。

そこでのんびり過ごしていた男性は、11月14日に外に出てキャンプファイヤーを楽しむことに。火を起こした男性はその近くにキャンプチェアを置き座ってくつろいでいたが、立ち上がろうとした瞬間にふらついたらしく、燃え盛る炎の中に倒れ込んでしまった。


関連記事:よしこ、高齢者集団から浴びせられたまさかの暴言 「びっくりしすぎて…」

 

■見つかった焼死体

土地の持ち主が男性のもとに戻り、惨状に気づいて愕然。焼け焦げた遺体を発見したことからすぐに通報し、慌てて駆け付けた警官が消火器を用いて火を消した。

焼け跡からは男性の携帯電話や財布といった私物が見つかり、死亡していたのは火を起こした男性に間違いないとみられている。

次ページ
■当局の発表

この記事の画像(2枚)