これはウニ丼超えた… 鳥取県の『親がに丼』が予想外すぎる美味しさ

親がに丼、うに丼よりも美味しかった…。

グルメ

2020/11/22 09:30

海鮮丼界の王といえば、北海道や東北をメインに食べられる甘くてとろけるうに丼だと思っている人は、きっと多いはずだ。記者もそう思っていたひとりだったのだが、先日鳥取県へ取材へ行ったことで、海鮮丼界の王座が入れ替わったのである。


画像をもっと見る

 

■味暦あんべ

その丼に出会ったのは、鳥取市にある料理店『味暦あんべ』。

張り紙には「親がに丼極 6,000円 親がに丼4,500円」とかなりいい値段が書かれており、入るか戸惑っていたのだが、出てきた地元の人に話を聞くと「年1回ここに食べにくるのが楽しみ」と笑顔で話していたので、意を決して入店。


関連記事:くら寿司の500円海鮮丼をタダで「1000円の味」にする方法 寿司の定番で…

 

■見た目が美しい

極と通常の親がに丼の違いは、具材の量。極のほうがひとまわり大きいが、味に違いはないようだ。しかし、見た目が美しい…。

説明を見るとかにや蟹味噌だけでなく、親がに(めすのずわいがに)からとれる内子や外子の醤油漬けや塩ゆでが入っており、さまざまな味が楽しめるらしい。

次ページ
■あまりの美味しさに驚く

この記事の画像(9枚)