『月曜から夜ふかし』女性のマスクギャップ検証企画が物議 「不愉快」の声も

神子ADの友人女性でマスクギャップを検証する企画に批判

エンタメ

2020/11/24 06:15

マスクをした女性
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

23日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で放送された「AD神子の知り合いマスク美人ベスト3」という企画に、一部視聴者から批判の声が上がった。



 

■マスク装着前と後のギャップを検証

この企画は、女性のマスク前と後のギャップを神子ADの友人女性で検証するというもの。スタジオで同ADはカメラに向かって「第3位は中学校の友達の…」と喋りながら実名と写真がプリントされたパネルを出す。

そして「どうです? 普通じゃないですか? 小学校の頃から普通だったんですよ。かわいくはないけど、普通」とコメント。

遠藤ディレクターは「ちょっと。普通とか、かわいくないとか、言っていいの?」とツッコミを入れるが、「いや、言っていいですよ。そういう企画じゃないですか」と意に介さない。

「友達だから大丈夫」と却下した神子ADは、「この普通の○○ちゃんが、マスクをするとすごくかわいくなる」と話し、実際にマスクをして登場する映像に。

その後、スタジオに戻り、同ADはマスク装着後の女性が写ったパネルを取り出すと「やっぱマスクすると違うんですね」とコメントした。


関連記事:『月曜から夜ふかし』告白男性3人と飲み会の女性に批判 後の行動にもドン引き

 

■女性に「ちょっとアレ」

次に登場したのは「行きつけの居酒屋の店長」という中年女性。神子ADは「ちょっとアレですけど、マスクをすると美人になる」と豪語する。

画面は女性がマスクをする映像となり、「すっごい綺麗でしょ」と絶賛。そして「今って、ご結婚とかされてるんですか」と質問し、独身であることが判明した。

神子ADは装着前と後のパネルを比較し、「ぜんぜん違いますよね」と自画自賛。遠藤Dから「大丈夫なのか?」と再度質問が入るが、「マスクギャップじゃないですか。この企画」と意に介さない。

次ページ
■スタジオが凍りつくシーンも