オードリー若林、東京進出したダイアンに苦言 「キテないって言いにくい」

オードリー・若林正恭が東京進出して2年のダイアンの現状を分析して…

エンタメ

2020/11/25 08:15

ダイアン

24日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にお笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏とユースケが登場。東京進出して2年経った彼らの現状にオードリー・若林正恭が苦言を呈した。



 

◼芸歴18年の東京進出

2000年デビュー、18年4月に東京進出を果たしたダイアン。大阪の番組で若手芸人が先月の給料を発表したさい、若手達が「スゴい給料を貰っている」と知った津田が、より高い給料を求めて翌日には東京進出を決めたと明かす。

若林はこれに失望しつつ、「『東京で勝負したらぁ』って勢いであってほしかった。やっぱり(上京の理由は)1番はお金ですか?」と質問すると津田は「(お金が)1番」と即答。ただし自分達の単価が極端に低かったらしく、上京しても「全然変わらなかった」と嘆いた。


関連記事:カミナリ・まなぶ、「早稲田に行った」ことでイジりにくく… 相方が悩み吐露

 

◼大阪のレギュラー番組を…

上京直前、大阪で6本のレギュラーを持っていたダイアンは、2本だけ整理して大阪に4本のレギュラーを抱えたまま東京に勝負をかけたと判明する。

オードリーから「なぜ0にして勝負をかけなかったのか」尋ねられたユースケは、「40歳を超えてからの上京。めちゃくちゃ遅いから不安もあったので、満場一致で残させてもらった」と堂々と答えた。

次ページ
◼東京芸人の評価は?

この記事の画像(1枚)