関ジャニ大倉・横山がまた新グループをプロデュース 「権力持ちすぎ」「人選センスない」の声も

関西ジャニーズJr.に新グループ『Boys be』が誕生。大倉忠義・横山裕のプロデュースだが…

ジャニーズ事務所

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。2020年11月、関西ジャニーズJr.に新たなグループができました。名前は『Boys be』。小中学生が中心の若手ユニットです。



 

■大倉・横山のプロデュース

関西ジャニーズJr.の人気ユニット『なにわ男子』配信コンサートで、新グループ結成秘話が語られました。関ジャニ∞大倉忠義が11月21日、配信前当日のリハーサルに参加。そしてリハーサルが終わった後、スタッフが「名前を呼んだ子だけ集まって」と言ったそうです。

声をかけられた子が集まると、大倉が現れ「君たちは今日から『Boys be』というユニットで活動してもらいます。」と発表したとか。

大倉と横山裕(関ジャニ∞)は、2018年にも関西ジャニーズJr.のユニットをプロデュースしています。『なにわ男子』『Aぇ! Group』『Lilかんさい』の3つ。その頃は、関西ジャニーズJr.から『ジャニーズWEST』がCDデビューしJr.を抜けた後でした。


関連記事:関ジャニ∞・大倉忠義、新型コロナ感染 他メンバーは全員陰性

 

■関西ファンは好意的に受け止め

ジャニーさんは東京のジャニーズJr.に夢中で、関西の子たちは放置状態。関西Jr.には1つもユニットがなくなり「焼野原時代」と呼ばれていました。

そんななか、大倉と横山が関西ジャニーズJr.を盛り上げようと動きました。ベテランから若手の中で人気がある子を大倉が拾い、ジャニーさんには選ばれなそうだが個性的な面白さがあるメンバーを横山が拾い、ユニットの人選をしたようです。

不遇の関西Jr.に大倉と横山が手を差し伸べた形となり、関西Jr.ファンは好意的に受け止めました。

次ページ
■「でしゃばりすぎ」との批判も