「ブラックフライデー」実施中のイオン、コストコ、ドンキ…現場を見た記者のホンネ

ブラックフライデー、いろいろなお店がセールを開始しているが一体どこがお得なのか。

話題

2020/11/27 18:30


 

■コストコ

ブラックフライデー前夜の26日に現地を取材した記者K。「セールは一足先にスタートしていたので正直、もっと人が多いと思っていましたが、平日のせいもあってか普段より人がかなり少ない。つまりセールお目当てで来ている人はいないっぽいです」と話す。

29日までセールは行われるが「セール対象はコストコの特徴である食品ではなく、ほとんどが家電のようです。しかもテレビに偏っていた。いかに100gあたりの価格が安い食材を探すかがコストコの楽しみ。40万円のテレビが20万円になっているのは驚愕でしたが、僕のような庶民には無関係なことだと感じました」とも。

おそらく同じ印象を受けたお客さんは多いだろうと予想した上で、「スタッフの女性が言っていたのは来週にはスイーツなどがセール対象になるという噂。ブラックフライデー後もセールが続けば、再度チェックしてみたい」と語っていた。


関連記事:今だけ超お買い得! イオンのあったかインナー『ピースフィット』がセール中

 

■イオン

日本におけるブラックフライデーを牽引しているイオングループは29日までセールを実施中。

取材に行ったN記者は「去年も食品から防寒グッズ、電気ストーブなどの家電まで幅広くセールを行っていたイオン。私は去年ストーブや毛布、布団などの冬用品を3万円ほど購入し、だいぶ安く抑えることができました。今年も日本ハムのウインナーやベーコンなどが5点詰め込まれた大容量パックが500円引など、庶民に寄せた割引が多く好印象」と絶賛する。

特にマスクの品揃えに注目しており「秋冬を意識した厚手のものも多く、だいたい2割引くらいされているので、買い溜めるのもいいかも」とも。ニーズに合った商品がセールになっているのは嬉しいことである。

次ページ
■ヤマダ、コジマ、ケーズデンキ