性転換手術を受けた医師が不当解雇 物乞い生活を経て女性医師として再出発

ようやく性転換手術を受けて、女性に。ところがその後に思いもよらぬ出来事が続き、どん底を経験していた医師がいる。

社会

2020/11/28 12:30

女性医師
(Image Source/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一生懸命に勉強し、医師になる夢を叶えたある人物。それに続き「女性として生きたい」という希望も叶えたが、待ち受けていた運命があまりにも過酷だったことを、『THE TIMES OF INDIA』などが伝えている。



 

■優秀な成績で卒業

インドのマドゥライにある医科大学で勉強していたある学生が、2018年にとても優秀な成績で卒業し、医師として働き始めた。

同医師は、男性として生まれたものの自身の性に違和感を覚え、深く苦悩するように。それでも男性として生き卒業後も男性として働いていたが、仕事を始めて1年後には、性転換手術に踏み切る決意を固めた。


関連記事:直腸から生魚丸1匹を摘出された男性 「座ったら入ってきた」と主張するが…

 

■性転換手術を受け女性に

ついに念願の性転換手術を受けた医師は、女性としての暮らしを開始。医師免許証の記載内容などを書き換える必要があったというが、病院側はその手続き完了を待つことなく、解雇を言い渡した。

同医師には家族もいるが、「女性として生きたいの」「だから性転換手術を受けたわ」と宣言した直後に、勘当されてしまったという。収入源、そして頼りにしていた家族も失った医師はお金に困り、路上で物乞いをするようになった。

次ページ
■通報され訪れた転機

この記事の画像(1枚)