性転換手術を受けた医師が不当解雇 物乞い生活を経て女性医師として再出発

ようやく性転換手術を受けて、女性に。ところがその後に思いもよらぬ出来事が続き、どん底を経験していた医師がいる。

社会

2020/11/28 12:30


 

■通報され訪れた転機

性転換手術を機に全てを失った医師は、同じくトランスジェンダーとして生きる仲間たちと行動を共にするように。そろって物乞いをしていたところ近隣の住民に怪しまれ、ついには通報されてしまった。

物乞い集団から早速事情を聴いた警察は、なかでも同医師の話を聞き愕然。経歴に関する書類を確認した上で出身校にも連絡を入れ、医師の話に嘘がないことを確認した。


関連記事:緊急手術で救われた患者の夫が医療費支払いを拒否 女性医師を脅迫して逮捕

 

■女性医師として生きる道

当局と出身大学の恩師らは、同医師が再び医療現場で働けるよう手配することを決定。さっそく聴診器や白衣なども準備し、手渡したという。

まだ書類の書き換えなどすべきことは残っているが、それが済みしだい、今度は女性医師として人の命を救う仕事に没頭できる見通しだ。

女性として生きていきたい。その願いをようやく叶えて喜んだものの、まさかの解雇処分、家族との絶縁、さらには物乞い生活を経験したこの医師。家族との関係修復はまだ伝えられていないが、少なくともどん底の暮らしからは抜け出せたようだ。

・合わせて読みたい→10歳女児が強姦され妊娠 裁判所が認めた中絶手術に批判の声も

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)