コロナ感染のバンビーノ藤田、退院を報告 「症状と住んでる地域によって違いが」

新型コロナ感染のバンビーノ・藤田がブログで退院を報告。相方と自身の症状と療養の状態を明かした。

エンタメ

2020/11/28 14:45

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

新型コロナウイルスに感染したことが発覚し、20日から入院・療養していたお笑いコンビ・バンビーノの藤田ユウキがブログで退院を報告。自身と相方・石山タオルの状況について綴った。



 

■入院の経緯を説明

「退院10分前」と題し、片付けられたベッドの写真をアップして記事を投稿。冒頭では、「あと10分ほどで退院です。片付けも終わり、呼ばれるのを待つのみ」と報告している。

藤田は、「入院となったのは、元々ぜんぞくを持っていたこと、発症時に熱(37.8℃)あったこと。これで入院した方がいいと保健所に勧められていまに至ります」と入院の経緯を説明した。


関連記事:新型コロナ感染の杉浦太陽、退院報告 「効かなくなった嗅覚も無事に戻った」

 

■相方・石山は

お笑いコンビとして活動する藤田と石山。最初に発症したのは相方・石山の方だったが、ホテル療養だったという。石山の搬入先ホテルがなかなか見つからなかったようだ。病状の影響もあって、後から発症した藤田が先に病院に入院することとなった。

ホテル療養だった石山が先にホテルを退所。2日遅れで藤田が退院という2人の感染順序と療養について綴った。


■コンビでも症状と地域で差が

続けて、「近しいコンビでも、症状と住んでる地域によってこんなに違いが出ます。毎日、色んな方が発症し、どんどんホテルや病院に患者さんが入っていってます」と日々感染者が増えていることを身近に感じていたようだ。

最後には「その対応をしてくれる、保健所の方、ホテルの従業員の方、病院での医療従事者の方。毎日、保菌してる人と接するのは本当に大変だと思います。どうか、自分のお身体も大切にお過ごし下さい。本当に、お世話になりました!」と医療従事者へ感謝のメッセージを伝えた。

無症状の感染で「申し訳ない」としていた藤田。重症化することもなく退院できたのは嬉しいことだ。今後の活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→新型コロナ感染の吉沢悠、退院で心境を吐露 関係者や家族への影響に辛さも

(文/しらべぇ編集部・Aomi