驚きの「ワンコインまぐろ中落ち定食」が話題 人気の秘訣を中の人に直撃

新潟県にある水産会社直営店のまぐろ中落ち定食がアツい。その店の人気の秘密とは…

話題

2020/11/29 09:00

まぐろ中落ち
(写真提供:港食堂)

27日、GOTOイートキャンペーンをこれまで通り継続すると発表した新潟県。そのキャンペーン対象店舗のまぐろ中落ち定食が話題となっている。しらべぇ取材班は、SNS担当・中の人に人気の秘訣を聞いた。


画像をもっと見る

 

■老舗の水産会社直営の店

新潟県中央区万台島の「にぎわい市場・ピアBandai」内にある港食堂は、1904年創業の水産会社直営店だ。そのため、市場直送の新鮮な魚が毎日入荷してくる。

港食堂外観
(写真提供:港食堂)

今、話題を呼んでいるのが、まぐろ中落ち定食で値段はなんと500円(税別)で、これを目当てにした人たちが毎日朝から並んでいる。午前10時半から注文受付開始で、店の開店は午前11時だ。


関連記事:くら寿司の500円海鮮丼をタダで「1000円の味」にする方法 寿司の定番で…

 

■当日にならないと入荷状況が不明

その日の仕入れによって、出せる数が変わってくるため、並んでみないと食べられるかどうかわからないシステム。市場が休みの日(主に水曜・日曜・祝日)は、確実に入荷がないそうだ。

この定食だけを楽しみにしている市民もおり、オープン前に入荷状況の知らせが張り出されると、サーっと帰ってしまう人もいるという。

次ページ
■中落ちの一番の魅力とは…

この記事の画像(5枚)