嵐運営の神対応にファン感激 「紙チケット」が話題に

嵐活動休止前の大晦日配信ライブの続報が発表。「神チケット」と感激の声相次ぐ。

話題

2020/11/30 00:40

嵐・二宮和也・相葉雅紀・松本潤・大野智・櫻井翔

12月31日大晦日に行われるの休止前ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」について続報が発表。嵐運営の神対応にファンから感激のコメントが寄せられてる。



 

■紙チケットが送付

29日に発表されたライブの続報は、「30日にチケットの販売が開始」「特設Webサイトオープン」「『This is 嵐 LIVE みんなで準備だ! TV』スタート(公式サイトとYouTubeで展開)」の他、嵐FCに会員登録された住所に紙チケットが送付されることが発表された。

時間などの詳細は明かされなかったが、チケットの販売と共にわかることだろう。


関連記事:V6・三宅健、自身の特番と後輩・嵐の記念ライブを同時視聴 「聖徳太子スタイルで」

 

■ファンからは「神チケット」と感激の声

紙チケットが届くという予想もしていないニュースに「これは神チケットと言っていい」「思い出の品としてチケット全部取ってあるし嬉しいなぁ」「こういう対応はファン思いの嵐っぽくて好き」と感激の声が続出。

また、嵐ファン以外も「嵐のこの対応めっちゃ羨ましい」「嵐以外でもぜひ紙チケ送ってほしい」と羨むコメントも散見された。多くの人が言及したことで紙チケットがトレンド入りするほど話題になっている。


■モノの価値を再確認

スマホを利用したデジタルのチケットが本格化しはじめ、昨今の情勢からオンライン配信が主流となっている現在、思い出をモノとしてとっておけるものもだんだんと減ってきている。

デジタル化が進み利便性は増しているが、チケットや円盤といったモノがなくなりつつある。ライブに参加した思い出として保存しておけるチケットやモノの価値は上がってきているのかもしれない。

・合わせて読みたい→再開発表したディズニー、年パスめぐる神対応に「異例の事態」と注目集まる

(文/しらべぇ編集部・Aomi