10代の2割が人の握った寿司に躊躇 受け取り方の世代格差が顕著に

日本の伝統料理、寿司。人の握ったものを食べられない人もいる?

ライフ

2020/12/01 09:30

すし職人
(Artit_Wongpradu/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日本が世界に誇る食べ物、寿司。職人がシャリとネタを手で握って作るものである。そのことに疑問を持つ人は、少ないのでは。

ところが、最近は寿司ロボットが作ることも多く、なかには「人が手で握る」ことに、嫌悪感を持つ人もいると聞く。本当なのだろうか?


画像をもっと見る

 

■人の握った寿司をどう思う?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,733名に調査を実施した。

結果、「人の握った寿司を食べることに躊躇してしまう」と答えた人は15.6%。人が握った寿司に嫌悪感を持つ人も確実に存在している。


関連記事:サーモンメニューの豊富さも魅力 20代以下の女性7割が「スシローが好き」

 

■世代で意識に差

「躊躇してしまう」と答えた人を年代別に見ると傾向が出た。

男性の割合が高く、最も嫌悪感を持っているのは10代男性で23.3%。同世代の女性は16.4%となっており、意識が異なっている。

逆に最も違和感なく人の握った寿司を食べているのは50代男性で、10.4%に。同じ男性でも年代によって考え方が違うようだ。

次ページ
■躊躇する人の声は

この記事の画像(3枚)