『鬼滅の刃』が流行語の年間大賞に選ばれるのが難しい理由 「絵にならない受賞者と…」

『 2020 ユーキャン新語・流行語大賞』の受賞語が発表も、ネット上では受賞されなかったワードに注目が…

2020/12/01 14:50

1日、今年1年間で多くの大衆をにぎわせた新語・流行語を選ぶ「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の受賞語が発表された。ネット上では、『鬼滅の刃』が年間大賞に選ばれなかったことに注目が集まっている。



 

■『鬼滅』ファンからは落胆の声も

鬼滅の刃

新型コロナウイルスが猛威を奮った2020年の年間大賞に選ばれたのは「3密」。『鬼滅の刃』はトップ10入りはしたものの、年間大賞には選ばれなかった。

ツイッター上では『鬼滅の刃』が大賞受賞を逃したことに対し、「え、鬼滅じゃないの?」「映画のヒットを考えると鬼滅でも良かった気がする」といった疑問の声のほか、「マジか、鬼滅ダメだったのか…」「ちょっとショックだな」といった落胆の声も多数あがっている。


関連記事:2020ユーキャン新語・流行語大賞ノミネート30語が決定 大賞有力候補はやっぱり…

 

■社会現象を起こしたが…

『鬼滅の刃』といえば、社会現象を巻き起こした作品。その人気ぶりは止まるところを知らず、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開からわずか2ヶ月足らずで、動員数2,053万を突破し、興行収入は275億円を記録。国内興行収入歴代2位の『タイタニック』を追い抜かした。

また『鬼滅の刃』とのコラボ商品は、即完売することもしばしば。大手アパレル・ユニクロとコラボした際は、開店前から長蛇の列になったほどだ。

次ページ
■『鬼滅』が選ばれない理由は…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

流行語鬼滅の刃社会現象3密現代用語の基礎知識 選 2020 ユーキャン新語・流行語大賞
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング