日向坂46、オードリーへの恐怖心を明かす 「ヤラれると思って」大号泣して…

日向坂46メンバーが『あちこちオードリー』に出演して…

エンタメ

2020/12/02 08:40

日向坂46・加藤史帆

1日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に大人気アイドルグループ・日向坂46の加藤史帆、佐々木美玲、富田鈴花、渡邉美穂の4人が出演。別番組で2年半共演するオードリーへの本音を漏らした。



 

◼日向坂は怖かった

日向坂46(けやき坂46)の初冠番組『ひらがな推し(日向坂で会いましょう)』(テレビ東京系)のMCを務めているのがオードリーだ。共演開始以来、お互いの番組やイベントに出演し合う良好な関係を築き上げている。

加藤を筆頭に「オードリーさんから学んでいることで、日々頑張っている」と感謝を示しながらも、はじめは心を開いてくれず話しかけてくれなかったため「(2人とも)怖かった」とオードリーの印象を明かしていく。


関連記事:『あちこちオードリー』1周年記念のオンラインLIVEが決定 「オードリーの真髄見せます」

 

◼春日の目に恐怖

富田は「春日(俊彰)さんが特に(怖かった)」と言及。初めての収録時、「(収録時間が)押してたんですかね。『次あんのにな』みたいな感じで怒っていたのが記憶にある」と振り返る。

加藤は「春日さんは瞳が透き通っていてキレイ。それが初対面だと逆に怖い」と解説。富田もそれに「催眠術かけられてるみたい」だと賛同した。

次ページ
◼渡邉も大号泣

この記事の画像(1枚)