おぎやはぎ矢作、医療現場の人手不足を懸念… 待遇も「安すぎるって」

新型コロナウイルスの影響で逼迫する医療現場。矢作兼がある提案をするも…

2020/12/02 19:35

おぎやはぎ・矢作兼

2日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、新型コロナウイルスの感染拡大によって医療現場が逼迫している状況について報道。おぎやはぎ・矢作兼は人手不足の解決案を提案するなど、コロナ禍での医療従事者の待遇面の問題にも言及した。



 

■ベッド数を増加

この日、東京都では500人の新型コロナウイルス新規感染者が確認され、重症者は59人に上った。東京都は現在、重症患者用のベッドを150床用意しており、今後200床まで確保すると発表している。

その一方で、昭和大学客員教授の二木芳人氏は「ベッドはすでに足りている」とし、それを支える看護師や医師といったスタッフの不足が深刻だと指摘した。


関連記事:沖縄県の医療体制が限界に 県担当者は「新型コロナ用病床が満床になってしまった」

 

■医療従事者に頼りすぎ

元AKB48の高橋みなみは、「医療従事者の方たちに頼りすぎてしまっている」「何ヶ月も前から現場は疲弊しているといったことが出ているのにも関わらず、とりあえずベッドを増やそうっていうのは安易じゃないかな」とコメント。続けて「医療従事者のメンタル面のケアも大切だと思うので、これだけではちょっと違うと思いますね」と語る。

感染者を受け入れた病院の運営が逼迫し、医療従事者の給料やボーナスが減っている現状について、番組MCの坂上忍は「人を動かすためには金を使うけど、医療従事者守るために何もやってないわけじゃないけど、あまりにも足りなさすぎる」と語った。

次ページ
■待遇面「安すぎるって…」
テレビ高橋みなみ矢作兼重症患者新型コロナウイルスバイキングMORE
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング