渡部建の会見中に飛び交うデリカシーのない質問 記者の対応に批判の声も

不倫問題で活動自粛していた渡部建の謝罪会見にて、男性リポーターからの質問に賛否の声があがった

エンタメ

2020/12/03 21:25

今年6月に不倫問題が報じられ、無期限の芸能活動の自粛をしていたアンジャッシュ・渡部建が3日、謝罪会見を開いた。次々と取材陣から質問が飛び交う中、記者からの質問に、ネット上では疑問の声があがっている。



 

■女性記者から質問が飛び交う

渡部は会見に憔悴しきった様子で登場。冒頭では「心より深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんませんでした」と謝罪し深々と頭を下げた。

会見開始から各報道局等の女性リポーターから矢継ぎ早に質問が飛び交い、中には、渡部が不貞行為をした相手女性に1万円を渡していたという報道について、「どういう1万円なんですか?」といった厳しい質問も飛び出す。


関連記事:『バイキング』不倫騒動後も売れる芸能人の特徴 謝罪会見が吉と出たのは…

 

■男性リポーターから「性癖ですか?」

会見が開始してから約40分が過ぎたところで、男性記者が初めて発言。男性記者は、渡部が多目的トイレで不貞に及んでいたことに対して「多目的トイレを騒動前はどのように見ていた? 渡部さんにとってどういう場所?」と質問を投げかける。

すると、渡部は言葉を詰まらせつつ、「トイレが必要な皆さんのためのトイレだったと思います」と回答。渡部のこの動揺ぶりを見てか、男性記者は「わかっていてそういう場所を選んだんですか? 性癖ですか?」と問い詰め、渡部は「そういうわけではないんですけど、そう思われても仕方がない」と謝罪の言葉を繰り返した。


■意味不明な質問にゲンナリする?

報道陣からのモラルに欠ける質問に対する、疑問の声も多く上がっている同日の会見。ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の54.1%が「記者会見の意味不明な質問にゲンナリしたことがある」と回答した。

記者会見

ツイッター上では「よく聞けたな」「正直、意味わからない質問ばっかで何が聞きたいのかわからない」「めちゃくちゃ不愉快だった」など、記者らの対応への批判の声も上がっている。

・合わせて読みたい→児嶋一哉、“スキャンダルの先輩”陣内智則に浮気についてド直球質問

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1589名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)