渡部建の会見で相次ぐマスコミ批判 現場にいた記者が目撃した光景は…

記者の質問に批判が殺到したアンジャッシュ・渡部建の記者会見。会場にいた記者たちの半数以上は…

エンタメ

2020/12/03 22:00

渡部建

不倫報道で活動を自粛していたアンジャッシュの渡部建が3日、都内で記者会見を行なった。記者から矢継ぎ早に厳しい質問が相次ぐ状況の中、半数以上のペン記者やカメラマンが座り込む場面がみられた。


画像をもっと見る

 

■記者から際どい質問も

憔悴した姿で会見に臨んだ渡部。記者から次々と厳しい質問が飛び、中には「多目的トイレでの行為は性癖ですか?」といったものもみられ、ツイッター上では「失礼すぎる」「ゲス極まりなかった」「公開いじめではないのか」といった記者陣に対する批判が相次いでいた。

また、年末の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の『笑ってはいけない』への復帰が報じられていることについて質問が飛び、渡部が「答えられない」と言葉を濁すと、男性記者が「ガキの使いで来てるわけじゃないんで」とイジるような発言をし、記者たちが笑う一幕も。この記者の発言からさらに「マスコミ批判」が相次ぐ決定打となった。


関連記事:渡部建の復帰報道で芸人に思わぬ余波 フット岩尾が知ってしまった事実

 

■SNS上でも批判が相次ぐ

会見前半は、言葉を濁す渡部に「質問に答える気がない」と批判の声が相次いでいたものの、会見の途中からはツイッター、そして会見を生中継しているAbemaTVのコメント欄で記者に対する批判の割合がかなり増えていた。

中継映像では「記者たちが一方的に渡部を責めている」ように見えるこの会見だが、実際の現場の雰囲気は温度差がかなり激しいものだったようだ。

次ページ
■記者たちが呆れて座り込む事態に

この記事の画像(5枚)